馬場ゆうきの政策・考え

政策・考え

馬場ゆうきの考える災害対策

地震、台風、大雨、竜巻、感染症、 私たちの周りには多くの災害リスクがあります。気候変動に伴う災害の激甚化、グローバルな感染症の危機、いつ、どこで、何が起きるか分からない、様々な災害が私たちの暮らしの大きな脅威となっています。 命を守り、暮らしを守る。 分からないことが多いからこそ、事前に備え、関係機関との連携が重要です。また、テクノロジーを活用し、復旧作業や支援の効率化をはかり、必要
政策・考え

馬場ゆうきの考える経済対策

コロナ禍の中で様々な経済活動がストップし、その影響は私たちの暮らしに及んでいます。 2020年2月から新型コロナウイルスの影響による企業の倒産は21年9月には2000件を超えています(帝国データバンク21.9.3発表)。老舗の閉業も続いています。 このような状況下であるからこそ、次のような取り組みが必要です。 消費税5%減税(時限的)…家計の消費から経済の循環を回します
政策・考え

馬場ゆうきの考える超少子高齢社会

////// バスが減って、まちに下りられない。 みんな、年を取って人手が足りていない。 毎日電気やガソリン使うけど、有限な資源どうなるのかな。 \\\\\\ 人口減少の影響で公共インフラの維持が困難に。限りある資源の取り合いから、持続可能なエネルギーへ転換が必要となっています。 路線バスは2010~19年度で9482km廃止、2019年度コロナ禍前で乗合バス事業収支において74.
政策・考え

馬場ゆうきの志 〜 復興から福香へ 〜

復興から福香へ 東日本大震災から2021年で、10年が経ちます。 この10年間、福島はずっと「復興」し続けてきました。 私は、福島が歩むべき次のステージとして、「福香」を掲げています。 「香」という漢字には、姿や色、声、味などがよい様という意味があります。 福島の今の姿、復興の歩みから生まれた新たな景色の色、福島に住む人々の活気あふれる声、福島の農林水産業